巣を大きくする前にやっておきたいベランダでの蜂退治

ベランダに蜂がいる場合

蜂の巣を駆除せずに放置しているとどんどん大きく成長します。蜂の数も増えてしまいますし、刺されてしまう危険性もあります。ベランダなどで発見した蜂の巣は、小さい内に駆除しましょう。

トラブルが大きくなる前に

ベランダや玄関前の軒下は、適度に雨風を防ぎ活動しやすい場所であるため、蜂の巣ができやすいスポットです。蜂退治をしっかり行なわずに放置しておくと、みるみるうちに巣が大きくなり出入りに支障をきたすでしょう。隣の住民や家族、ペットが刺される危険性もあるので、早めに蜂退治を行なって巣を安全に除去しましょう。

アシナガバチについて

ベランダのアシナガバチを退治する前に、蜂の特徴や習性について知りましょう。習性や特徴を知っていれば、蜂退治と対策を効率良く行なうことができます。

性格と体長

アシナガバチはスズメバチよりも細身で、動作がゆっくりしています。体調は最大で26ミリ程になります。

専門家に聞いた!アシナガバチの危険性

日本では、スズメバチが危険な蜂として有名です。スズメバチと同じくらい危険なアシナガバチは、ミツバチと比べて大きいため出会ったときに危険を軽視する人はいないでしょう。実際に、刺された場合は命に関わるアナフィラキシーショックを起こす恐れがあるので、気を付けなければなりません。刺されたときの初期症状として腫れ・かゆみ・痛みが現れ、アレルギー反応が起これば、その後嘔吐や呼吸困難、血圧低下も起こってきます。アシナガバチの毒はとても危険なのです。

TOPボタン